これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます


柴犬あきとの生活 69

さあ、始まりますよ!

f:id:uretanonatsumu:20180417185633j:plain

あきが夫の座椅子を噛んでいます。

f:id:uretanonatsumu:20180417185648j:plain

「あきちゃん、やめなさい!」

すると今度は掘り始めました。

f:id:uretanonatsumu:20180417185659j:plain

「あきちゃん!ちょっと!!」

f:id:uretanonatsumu:20180417185725j:plain

掘り続けるあきのお尻をトントンすると

f:id:uretanonatsumu:20180417185747j:plain

『今忙しいの!』

f:id:uretanonatsumu:20180417185800j:plain

そしてまた噛む。そんなあきを叱りながら夫が抱き上げて台所へ移動。

「あき、ブラッシングするよ」

f:id:uretanonatsumu:20180417185821j:plain

いつものスリッカーとは違うブラシに、あきは不思議そうです。

ざっとブラシをかけた後、再び抱き上げます。

「あき、おいで!」

f:id:uretanonatsumu:20180417185852j:plain

ちょっとテンションが上がっていますが、まあまあ大人しく抱っこされて移動。

あきちゃん、どこに行くのかな。どこかな〜?

ドアを開けて床に下ろし、すぐにまたドアを閉めました。

f:id:uretanonatsumu:20180417185916j:plain

「あきちゃん、どこかな〜?覚えてるかな?」

f:id:uretanonatsumu:20180417185936j:plain

床に置いているのはあき用バスタオル。そして、裸足になる夫。

 

そう。今日はこれからお風呂に入るのです!

初めてのお風呂から1ヶ月。ちょっと汚れて来たし、今日は夫がいるのでお風呂を決行!!

初回のお風呂で、一人で入れるのは次から無理だろうと思っていたので、今度は絶対に一緒に入れてねと夫に頼んでいました。そして本日、2回目のお風呂と相成りました。

f:id:uretanonatsumu:20180417185955j:plain

あきはフンフン匂いを嗅いでいて、まだお風呂だとは気づいていない様子。まあ、前回もシャンプーが終わるまでは大人しくしていましたから、お風呂は案外嫌いではないのかも。

 

お風呂場のドアを開けてあきを促します。

「あきちゃん、おいで!お風呂はいるよ」

今回シャンプーは夫に任せて私はカメラ係。

お湯の温度をぬるめにして、シャワーを出します。犬には人がぬるいと感じるぐらいの温度が適しているそうです。

お湯の音がお風呂場に響くと、あきが出口に一番近いドア前に逃げ腰で移動しました。

 

そんなあきを優しく押さえてお湯をかけます。

「あきちゃん、ほら気持ちいいね〜。あきちゃん、怖くない、怖くないよ。

ほら気持ちいね〜。きれいきれいしようね〜」

f:id:uretanonatsumu:20180417190024j:plain

ということで、1ヶ月ぶりのお風呂が始まりました!

果たしてあきはこのまま大人しくしているのか?!

柴犬あきとの生活 68

休日の朝

f:id:uretanonatsumu:20180417104204j:plain

休日の朝、我が家ではホームベーカリーで焼いた食パンが朝食に登場します。前日の夜に仕込んでおいたパンが焼きあがる頃、家の中にはパンの焼ける良い匂いが漂っています。

 

今朝も焼いたパンをトーストして手作りジャムをつけて楽しんでいると。。。

あきが夫の右手を顔で押さえ込んでいます

f:id:uretanonatsumu:20180417104229j:plain

おっと、潜り込んだ!!

f:id:uretanonatsumu:20180417104243j:plain

あきちゃん、真剣ですね。

f:id:uretanonatsumu:20180417104307j:plain

「あき、パン屑拾うのに必死になってるわ」

f:id:uretanonatsumu:20180417104322j:plain

「あきちゃん、そんなに落ちてないよ。あっちの方がたくさん落ちてるよ?」

と、夫が私の方を指差しました。

「失礼な!!そんなボロボロこぼしてないよ!!」

f:id:uretanonatsumu:20180417104333j:plain

あきちゃんも来なくていいから!

f:id:uretanonatsumu:20180417104344j:plain

ふんふん、もぐもぐ、膝の上であきは必死です。

「ね、あきちゃん、そっちの方が沢山落ちてるでしょ?」

夫の余計な一言に気を取られることもなく、あきはパン屑拾いに必死です。

ああ、そんなに熱心になられると、そんなにボロボロ落としてた?って凹むわ〜あきちゃん!

f:id:uretanonatsumu:20180417104358j:plain

そして遂にあきは私を通り越し誰も居ない場所でもふんふん。

え?そんな所まで飛んでないよ!!

f:id:uretanonatsumu:20180417104408j:plain

たどり着いた先には父が。またパン屑を狙ってのことだと思いますが、堰き止められました(笑)

 

f:id:uretanonatsumu:20180417104450j:plain

ひとしきりパン屑拾いが終わったら今度は夫の膝の上で、ズボンの紐を噛み始めるあき。

f:id:uretanonatsumu:20180417104508j:plain

あきちゃん、休日の朝を満喫してるね。今日は3人揃った朝でご機嫌ですね。

でもね。今日はある計画があるんだよ。ふふふ。

それは後のお楽しみ!

 

柴犬あきとの生活 67

おやすみの時間ですよ

f:id:uretanonatsumu:20180417100515j:plain

毎晩、就寝前にあきとの攻防が始まります。それは、ハウスにあきが自分でハウスに入る事。日中は自由に家の中を歩き回っているあきですが、就寝時には必ず彼女のハウスに入れます。

基本的に皆と一緒にいたいあきは、ハウスに入りたがりません。

 

先代のシェルティ、ナナは「ナナちゃん、もうハウス入って寝んねしようか」というと、スタスタとハウスに向かい、扉を鼻でバウンドさせて自分で入って寝ていました。

徐々にあきもそうなるようにしつけていかねば!という事で、抱っこしてハウスに入れるのではなく、自分で入るように時間がかかっても付き合う事を始めました。

 

今夜もコタツのあきに声をかけます。

「あきちゃん、もう寝んねの時間よ」

f:id:uretanonatsumu:20180417100713j:plain

「あきちゃん、ハウス入って寝んね」

f:id:uretanonatsumu:20180417100724j:plain

反応はしていますが、何を考えているのやら。

f:id:uretanonatsumu:20180417100738j:plain

おもむろに出て来ました。

f:id:uretanonatsumu:20180417100750j:plain

「あきちゃん、ハウス入って寝んねよ」

おや?意外な展開。

f:id:uretanonatsumu:20180417100800j:plain

ハウスに向かってスタスタ。もしかして、もしかすると、これはもしや!!

f:id:uretanonatsumu:20180417100814j:plain

自分でハウスに入るのか?!

f:id:uretanonatsumu:20180417100831j:plain

と期待したら、あき〜何でそこまで行ってて方向転換?

ハウス前から夫の座椅子へ移動。。。

f:id:uretanonatsumu:20180417100847j:plain

「あきちゃん、ハウスよ。そこじゃない!」

と、ここであくび。

f:id:uretanonatsumu:20180417100907j:plain

「ほら〜。あきちゃん眠いんでしょ?ハウスよ。ハウス入って寝んね!」

すると今度はコタツに入ろうとするあき。

f:id:uretanonatsumu:20180417100921j:plain

「あきちゃん、寝んね!コタツ入らない!!」

煩く言われて座椅子前から今度は私の席に移動してコタツに潜り込もうとします。

f:id:uretanonatsumu:20180417100948j:plain

「あきちゃん、入らないの!寝んね!」

f:id:uretanonatsumu:20180417101001j:plain

あああ。どんどん潜っていく。。。

 

すっぽりコタツに入ったあきに、上掛け布団をめくって説得します。

「あきちゃん、ハウス入ろう。ハウス入って寝んねしよう」

f:id:uretanonatsumu:20180417101013j:plain

全く動かないので、仕方なくお腹に腕を絡ませてズルズル〜と引っ張り出します。

f:id:uretanonatsumu:20180417101027j:plain

引っ張り出されるままに座布団上に移動。

f:id:uretanonatsumu:20180417101040j:plain

ここからは自分の意志でハウスに入らさねば!

「あきちゃん、ハウスよ」

f:id:uretanonatsumu:20180417101054j:plain

と、何と!あきが立ちあがってスタスタをハウス方向に歩き出しました。

f:id:uretanonatsumu:20180417101108j:plain

おっ!今度こそ入るのか?!

f:id:uretanonatsumu:20180417101120j:plain

ここでまたUターンとかやめてね!!!

f:id:uretanonatsumu:20180417101133j:plain

入る!入る!入った!!!

遂にあきが入りました。ちょっと感動(笑)

「あきちゃん、偉いね!!!」

f:id:uretanonatsumu:20180417101158j:plain

ここまで来たらもう、大絶賛です!!!

f:id:uretanonatsumu:20180417101212j:plain

「あきちゃん、賢いな〜あ〜あきちゃん賢いね!!」

思いっきり褒めて上げます。

「あきちゃん、また明日ね、おやすみ!」

f:id:uretanonatsumu:20180417101229j:plain

こうしてみるとすっかりお姉さんになって来ました。

f:id:uretanonatsumu:20180417101243j:plain

ああ、ベッドからはみ出て来てる。。。そろそろ新しいベッドが必要なようです。

柴犬あきとの生活 66

目を離さない!

f:id:uretanonatsumu:20180414091402j:plain

あきはボール遊びが大好きです。持ってくる、投げてもらうの反復運動を毎日、毎日、毎日毎日!!!飽きることなく続けています。

『投げて!』と持ってくるのに、持ってくるとボールを離さない。ボールを噛んだまま腕に巻きついてくるのがお気に入り。毎回毎回、彼女のホールドに付き合うこちらはなかなかの体力を要します。しかし、自分の体重と力に対する自覚があるはずはなく!ひたすら、『投げて!!!』の日々なのです。

 

さて、そんなあきがボールを離した後、ただ投げるのも芸がないなぁと思い、ボールを投げるふりだけしてボールを隠す、という遊びを始めました。投げてくれた!と思って投げた方向に飛び出して、でも『あれ?』と首を傾げたあきがこちらを向いて『え?投げたよね?ボールないよ!!!』となっているところに

「あれ?あきちゃんどうした?」

とちょっとからかってからボールを見せると、怒るなんて事はなく、またいつ投げもらっても取りにいけるように構えるのです。先代ナナは同じことをされると『もう!!騙した!!』って飛び掛かって来たのに、あきちゃんは素直です(笑)追いかける事が一番の目的なのでしょう。やっぱり猟犬。

 

しかし、この「投げたふり」を何度か繰り返しているうちに、あきは投げ終わるまでボールから目を離さなくなりました。

今も片足を上げて飛び出す用意をしながらボールを見つめています。

f:id:uretanonatsumu:20180414091433j:plain

ボールを正面に持って来ても姿勢は崩さず

f:id:uretanonatsumu:20180414091444j:plain

じっと待っています。

f:id:uretanonatsumu:20180414091457j:plain

ボールを下に持っていっても

f:id:uretanonatsumu:20180414091510j:plain

右に持っていっても

f:id:uretanonatsumu:20180414091543j:plain

片足を上げて構えています。当然、投げると急いで取りに行きます

f:id:uretanonatsumu:20180414091600j:plain

そして持ってくると離さない!

f:id:uretanonatsumu:20180414091621j:plain

しばらく取り合いっこした後、きちんとおすわり。

f:id:uretanonatsumu:20180414091634j:plain

ボールを右に動かすと顔もついて来ます

f:id:uretanonatsumu:20180414091650j:plain

もっと右に動かしても

f:id:uretanonatsumu:20180414091703j:plain

騒ぐことなくじーっと観察。

f:id:uretanonatsumu:20180414091720j:plain

左に動かしても大人しく観察。

f:id:uretanonatsumu:20180414091731j:plain

あきちゃん、我慢がいいね。

f:id:uretanonatsumu:20180414091744j:plain

絶対に目を離さないのね。狙った獲物からは目を離さないという事ですか?

f:id:uretanonatsumu:20180414091757j:plain

では、投げるよ。えい!

 

投げた瞬間脱兎のごとく飛び出します。

f:id:uretanonatsumu:20180414091816j:plain

もっとゆっくりでいいのにすぐに元の場所へ(苦笑)

f:id:uretanonatsumu:20180414091830j:plain

そして投げて欲しいのにボールを離さない

f:id:uretanonatsumu:20180414091841j:plain

「あきちゃん、離さないと投げないよ?」

f:id:uretanonatsumu:20180414091855j:plain

「ほら、ちょうだい」

f:id:uretanonatsumu:20180414091907j:plain

そしてまた構えるあき。

f:id:uretanonatsumu:20180414091921j:plain

今や、あきの目を盗んで投げたふりをするのは難しそうです。

 

流石柴犬、抜かりない‼︎

かんたん美味しい 17

人参とピーマンのきんぴら

f:id:uretanonatsumu:20180407230855j:plain

子供の嫌いな野菜そろい踏みですが(笑)お弁当のおかずにも、夕食の副菜にもなって便利でしかも栄養的にも優れている!ということでおすすめです♪

味付けは、ピーマンと人参の量によって変わるので何とも言えないのですが、今回一応グラムをはかってみました。参考にしてください。

 

★材料★

ピーマン:1袋

人参:半本〜1本

ほんだしカツオ:2g

醤油:11g

みりん:23g

砂糖:4g

ごま油:少々

 

★作り方★

(1)人参、ピーマンを短冊切りにする

(2)フライパンで人参を炒め、火が通ってきたらピーマンを炒めます

f:id:uretanonatsumu:20180407230939j:plain

 

(3)火が通ったら、ごま油以外の調味料を入れて炒めます

f:id:uretanonatsumu:20180407231013j:plain

 味を見ながら入れてください

(4)最後にごま油を少々回しかけ、出来上がりです!

 

ごま油は絶対に入れてくださいね。食べる時には七味をプラスするのがおすすめです!